HOME > 電池について > 電池用語集
電池用語集




  • ·         アンペアアワー(Ampere-Hour)1アンペアアワー=1Aの電流にて1時間動作すること。一般的に、電池容量が表示される。容量が小さい時に、mahにて表示される。1Ah1000mAh
  • ·         陽極:一次また二次電池で、金属電極からロード回路へ電子を釈放し、電解液に溶接する。
  • ·         有効容量:一般的に、電池容量はAHまたMAHで表示される。有効容量はカットオプ電圧、電解液の品質と密度、環境温度、放電レート、使用年間などに関わる。
  • ·         電池:化学エネルギーを電気エネルギーに変更する物である。2個また2個以上のセルで、組電池として使用される場合が多い。
  • ·         電池種類:大雑に、一次電池と二次電池が分かれる。一次電池と二次電池材料の一部分が同じですが、構造のために、一次電池は充電できなく、二次電池は放電する時に相反化学反応が行われる。
  • ·         電池容量:限りの放電停止条件まで、セルまた電池の放電容量はAhWhような単位で表示される。WhAh*V
  • ·         電池充電器:電池へ充電する製品。
  • ·         電池充電レート:電池充電中の充電電流数値。
  • ·         電池カットオプ電圧:この電圧になると、電池が完全に放電されたと判断する。カットオプ電圧の規定は電池要求を有効に利用されるためです。電池種類、放電レート、環境温度、用電設備によって、カットオプ電圧も違います。一般的に、カットオプ電圧は一次電池に利用され、停止電圧は二次電池に利用されます。
  • ·         陰極:一次また二次セルで、陽極を酸化させ、また電子を吸収する電極です。
  • ·         セル:陽極、陰極、隔離板、電解液より組み合わせ、電気エネルギーを貯蔵できる電子製品になる。このセルをケースに内蔵し、リード線を出しましたら、簡易な電池ユニットになる。
  • ·         充電レート:充電電池に限り、規定される時間で定格容量に充電するための必要な定格で電流値。例えば、500AHの電池に対して、C/10充電レート=500A/10h=50A
  • ·         充電レート:充電電池に限り、規定される時間で定格容量に充電するための必要な定格で電流値。例えば、500AHの電池に対して、C/10充電レート=500A/10h=50A
  • ·         充電レート:充電電池に限り、規定される時間で定格容量に充電するための必要な定格で電流値。例えば、500AHの電池に対して、C/10充電レート=500A/10h=50A
  • ·         充電レート:充電電池に限り、規定される時間で定格容量に充電するための必要な定格で電流値。例えば、500AHの電池に対して、C/10充電レート=500A/10h=50A
  • ·         定電流充電:定電流にて充電する。鉛蓄電池に対して、起動充電と終了充電二つタイプが含まれる。
  • ·         定電圧充電:充電中、充電器の出力電圧を定格にさせること。
  • ·         サイクル:充放電の一回です。ディープサイクル(deep cycle)はセルまた電池のエネルギーが全部放電される。浅いサイクルは一部分電気エネルギーが利用され、残量エネルギーは50%以上可能性もある。
  • ·         サイクル寿命:二次電池に対して、利用できないまでの充放電サイクル回数です。一般的に、満充電後、電池の有効容量が80%以下になると、サイクル寿命になったと判断する。
  • ·         放電深度:定格容量中で放電済み容量のパーセント。
  • ·         放電:化学エネルギーを電気エネルギーへ変更すること。
  • ·         深い放電:電池またセルをカットオプ電圧まで放電すること。
  • ·         高ハイレート放電:短時間で大電流にて放電すること。一般的に、一時間以内です。
  • ·         低レート放電:長期間の小電流にて放電すること。一般的に、一時間以上になる。
  • ·         乾電池:ペースト電解液で生産する一次電池です。一般的に、亜鉛マンガン電池、アルカリ電池が代表です。
  • ·         電解質:水溶液また溶融状態で、導電できる化合物。全部の電解質は水溶液また溶接状態で自由イオンを生じ、導電する。
  • ·         正電気性:元素は電子を失うことで、陽イオンになる難易程度です。
  • ·         放電停止電圧:電池は放電を停止している電圧です。
  • ·         エネルギー:出力パワー、容量プラス電圧またワットアワー(wh)で表示される。
  • ·         エネルギー密度:重量また体積と電池エネルギーのパーセント。
  • ·          フロート充電(浮動充電):充電式電池と定電圧直流電源を接続し、満充電状態をさせること。
  • ·         原電池:電解質で電極を分かれ、化学エネルギーを電気エネルギーへ変更します。
  • ·         ガス漏れ:電池の一つ電極また二つ電極から、ガスが漏れること。一般的に、自己放電また充電時の電解液中の水性電解が原因となる。
  • ·         内部抵抗:セルまた電池内部、電流を阻止する力です。
  • ·         メモリ効果:電池は連続循環で、一時的に正常電圧程度の容量が忘れること。(一般的に、ニッカド電池に限りです。)
  • ·         負極:電池は放電する時に、電子を外部回路に流れます。
  • ·         非水電解質電池:水が含まれていない電池、例えば溶融塩また有機電解質です。
  • ·         オームの法則:電気回路の電流を表示する公式。電圧=電流*抵抗
  • ·         開路:電池は充電でもなく、放電でもない状態です。つまり、電気回路が遮断される。
  • ·         開路電圧:外部電気回路が切断する時に、電池の正負極の電位差です。
  • ·         並列接続:電池の正極と正極、負極と負極を接続すること。並列組電池の電圧は単セル電圧と同じ、電流は各セルに分配します。
  • ·         極性:電池両端の正負極性。
  • ·         酸化反応:対象とする物質が電子を失う化学反応のこと。
  • ·         正極性:電池放電する時に、外部回路から電子をもらう電極。
  • ·         一次電池:使い捨て電池、充電できないです。
  • ·         定格容量:一定条件で、電池の最小限度の容量。一般的に、公差があります。
  • ·         自己放電:電気回路状態での放電です。
  • ·         セパレート:電子を通れますが、正極と負極材料の接触を防止する絶縁材料です。
  • ·         直列接続:A電池の正極とB電池の負極を接続し、組電池電圧が増加する接続方法です。
  • ·         ショート電流:電気回路でショートで生じる電流です。つまり、電池の正極と負極を直接に接続します。
  • ·         放電停止電圧:この電圧以下になると、放電できなくなるです。
  • ·         カットオプ電圧:この電圧以下になると、用電設備が動作できなくなる。
  • ·         公称電圧:定格電流にて満充電する時の電圧。
  • ·         湿電池:電解液が液体の上に、自由に流れる電池です。






電池用語集
電池について
バッテリニュース
電池の歴史
電池用語集
バッテリの FAQ
 
EEMBにフォローする:

著作権所有 © 2015 Eemb.com
EEMB - Battery Manufacturer Worldwide Tech Support