HOME > 電池について > バッテリの FAQ
バッテリの FAQ


1. 電池とは何ですか

≫≫電池とはエネルギーを変換?貯蔵する装置です.化学反応を通じて、化学エネルギーもしくは物理エネルギーを電気に変換します.変換するエネルギーの種類に基づいて、電池は化学電池と物理電池を分類します。化学電池もしくは化学電源とは化学エネルギーを電気に変換する装置です。この種類の電池は成分が違う二つの電気化学活性電極で正負極を構成し、マスコミ伝わる作用がある化学物質で電解質を構成します。外部の搭載物と結ぶ時、内部の化学エネルギーを変換するのを通じて、電気を提供します。物理電池とは物理エネルギーを電気に変換すると言う装置です。

2. 一次電池とニ次電池の区別は何ですか。

≫≫主な区別は活性物質です、二次電池の活性物質は逆出来るが、一次電池の活性物質は逆出来ません。一次電池の自放電率は二次電池より低い、だが、内抵抗は二次電池より高い、なので、負荷能力は低い。そして、一次電池のエネルギー密度は二次電池よりずっと高い。

3. ニッケル水素電池の電気化学原理とは何ですか

≫≫ニッケル水素電池は水酸化で正極を作り、水素吸蔵金属で負極を作り、アルカリ液(主な成分は:KOH)で電解液を作ります。ニッケル水素電池の充電原理正極反応:Ni(OH)2 + OH- → NiOOH + H2Oe- 負極反応:M+H2O +e-→ MH+ OH- ニッケル水素電池の放電原理:正極反応:NiOOH + H2O + e- → Ni(OH)2 + OH- 負極反応:MH+ OH- →M+H2O +e-

4. リチウムイオン電池の電気化学原理とは何ですか

≫≫リチウムイオン電池の正極は金属複合酸化物で作り(金属:Co,Mn、Ni等)、負極はIntercalated-li(graphite、 Hard carbon等)材料で作り、有機体系で電解液を作ります.充放電の時、リチウムイオンは正負極の間でサイクルの埋め込みと脱出動作して、化学エネルギーと電気エネルギーの変換を実現します.LiCoO2の例をします.充電時の化学原理: 正極反応: LiCoO2 → Li1-xCoO2 + xLi+ + xe- 負極反応: 6C + xLi+ →LixC6 -xe- 電池反応: LiCoO2 + 6C → Li1-xCoO2 + LixC6 放電時の化学反応は充電時の反応の逆です。

5. 電池に使われる標準

≫≫一般的にIEC標準はよく電池に使われます:ニッケル水素電池はIEC61951-2:2003標準で、リチウムイオン電池はUL標準もしくは国家標準です。電池は国家標準を良く使います:ニッケル水素電池:GB/T15100_1994,GB/T18288_2000;リチウムイオン電池;GB/T10077_1998,YD/T998_1999,GB/T18287_2000。一方、電池に関する日本工業標準JISCもよく使われる。 IECとは国際電工委員会(International Electrical Commission)です。各国の電工委員会で構成された世界的な標準化団体です.この団体の目的は世界の電工電子領域の標準化を促進することです.IEC標準は国際電工委員会に制定された標準です.

6. ニッケル水素電池のおもな構成成分

≫≫ニッケルつ水素電池の主な構成成分:正極(ニッケル酸化物)、負極(水素吸蔵合金)、電解液(主な成分:KOH)、隔膜紙、密閉シール、正極カバー、ケース等.

7. リチウムイオン電池の主な構成成分

≫≫リチウムイオン電池の主な構造成分:正極(活性物質はリチウムコバルト酸化物等)、隔膜(ある特殊の複合膜)、負極(活性物質は炭素等)、有機電解液、外ケース(円筒形のスチール材ケース及び正方形スチール材のケース、正方形のアルミ材ケース、アルミ箔)等.

8. 電池の内抵抗とは何ですか

≫≫電池が動作する時、電流は電池内部で受ける抵抗と言う意味です.それはオム内抵抗及び極化内抵抗二つの部分で構成します.電池内部の抵抗が大きい場合、放電する時の電圧は低くなり、放電時間も短くなります.電池の原材料、製造工芸、電池構造等の要素は内抵抗に大影響があります.そして、電池性能を評価する方面の上、重要な参数になります..付注:電池性能の評価では、一般的に充電状態の内抵抗に基づいて、評価します.電池内抵抗を測る時、専門な機器で測る必須です.マルチメーターオームで測ってはいけません.

9. 公称電圧とは何ですか

≫≫電池の公称電圧とは動作する時表れる電圧です.ニ次のニカド、ニッケル水素電池の電圧は1.2Vで、二次リチウム電池の公称電圧は3.6Vです.

10. オープン電圧 とは何ですか

≫≫Open 電圧とは電池は非動作の状態、つまり回路では無電流流れる時の正負極間の電位差です..動作電圧とは電池は動作の状態、つまり回路では電流流れる時の正負極間の電位差.

11. 電池の容量とは何ですか

≫≫電池の容量は定額容量及び実際の容量と言う二つの種類があります.電池の定額容量とは電池を設計及び製造する時、正常の放電条件で規定、保証の最低限度の電量と言う意味です.IEC標準によって、ニカド、ニッケル水素電池の場合、20℃±5℃の動作環境で.0.1Cで16時間の充電を行い、0.2Cで1.0Vまで放電する時、現る容量は定額容量です.(C5で表示します).リチウムイオン電池の場合、室温、CC(1C)、CV(4.2V)の条件で3時間の充電を行い、0.2Cで2.75Vまで放電する時、現る時の容量は定額容量です.電池の実際容量とは一定の放電条件で放電するときの実際容量です.この容量は放電倍率及び温度に影響されます.なので、充放電条件を現るべきだ)電池容量を表示する単位:Ah,mAh(1Ah=1000mAh).

12. 電池の充放電残り容量とは何ですか

≫≫可充電電池は大電流で(例えば:1Cもしくは1C以上)放電するとき、電流は多すぎて電池内部で迅速に拡散するネックリエクションが存在します.なので、電池の容量はまだ放電し済まずに、終止電圧に達成しました.また、小さな電流(例えば:0.2C)で1.0Vまで放電し続きます(ニカド電池及びニッケル水素電池).

13. 放電プラットフォームとは何ですか

≫≫ニッケル水素充電電池の放電プラットフォームは電池を一定の放電条件で放電するとき、電池の動作電圧はより穏定な電圧範囲の状態で、電圧は放電電流と関係があります.電流は大きいほど、電圧は下がります.リチウムイオン電池のプラットフォームは低電圧の状態で、電圧は4.2Vになり、電流は0.01Cより小さくになるとき、充電終止します.10分を放置して、いかなる倍率の放電電流で3.6Vまでの放電必要時間です.放電プラットフォームは電池の性能が悪いかどうかの重要な判断標準になります.

14. IEC標準はどうやって密閉形ニッケル金属水素可充電単セル電池の型番を規定しますか

≫≫円筒形ニッケル金属水素可充電単セル電池の型番はHRで表示します.直径、高さはmmで表示します.例えば:HR15/51(15は直径で、51は高さです.)小型正方形の密閉形ニッケル金属水素可充電単セル電池の型番はHFで表示します.例えば:HF18/07/49(18はMax横幅、07はMax厚さ、49はMax高さ)

15. 電池の包装材料電池の包装材料

≫≫01)繊維紙、両面テープ 02)PVC膜、商?管 03)?接片:不??片、??片、???片04)引出片:不??片(易于??)??片(点?牢) 05)コネクタ、線 06)保護元機器、例えば: PCB、温度制御スイッチ、過流保護回路、 07)紙箱、紙ボックス 08)プラスチックケース

16. 電池包装、組み合わせ及び設計の目的

≫≫01)美?、品牌ブランド、外観が綺麗 02)電池電圧及び容量の制御、高電圧を得るのは直列、並列が必要、 03)電池を保護する、ショートを防止し、電池の使用寿命を延ばす 04)寸法の制御 05)運輸に便利です. 06)特殊機能の設計、例えば:水を防止、特殊外形設計等

17. ニ次電池の性能とは何ですか

≫≫ニッケル水素電池の性能は電圧、内抵抗、容量、エネルギー密度、自放電率、サイクル寿命、密封性能、安全性能、貯蔵性能、外観等、及び他は過充電、過放電、耐腐蝕性等.リチウムイオン電池の性能は電気性能と安全性能と言う二つの性能があります.電気性能は電圧、内抵抗、容量、倍率性能、自放電率、サイクル寿命、高低温放電性能、貯蔵性能、外観等;安全性能は過充電、過放電、ショート、ホットヒット、振動等

18. 電池の信頼性テスト項目

≫≫01).サイクル寿命 02).倍率放電特性 03).温度放電特性 04).充電特性 05).自放電特性 06).貯蔵特性 07). 過放電特性 08).温度内抵抗特性 09).温度サイクルテスト 10).落下テスト 11).振動テスト 12)容量テスト 13)内抵抗テスト 14)GMSテスト 15)高低温働撃テスト 16)機械働撃テスト 17)高温高湿度テスト

19. 電池の安全性テスト項目

≫≫01) ショートテスト 02) 過充電、過放電テスト 03) 耐圧テスト 04) 衝突テスオ 05) 振動テスト 06) 加熱テスト 07) 燃焼テスト 09) 温度変化サイクルテスト 10) トリクル充電テスト 11) 自由落下テスト 12) 低圧テスト 13) 強制放電テスト 15) ??板??   16) 熱衝撃テスト 17) 針テスト 18) 圧縮テスト 19) 重物衝撃試験 

20. 充電方式

≫≫ニッケル水素電池の充電方式 01)定電流充電:充電中、充電電池は特定の値になります. 02)定電圧充電:充電中、両端の電源は定数値を維持して、回路中の電流は電圧が上がると共に下がります. 03)定電圧、電流充電:先ずは定電流で充電して(CC状態)、電池の電圧は定数値に上がる時、電圧は定数値を位置して(CV状態)、回路中の電流は下がりつづき、最終ゼロに傾向します.

21. ニッケル水素電池の標準充放電とは何ですか

≫≫国際標準IECによって、ニッケル水素電池の標準充放電は:先ず電池を0.2Cで1.0Vまで放電を行い、0.1Cで16時間の充電を行います.1時間を放置して後、0.2Cで1.0Vまで放電します.つまり、電池を標準に充放電します.

22. 密閉形のニッケル水素電池の安全装置の連動テストとは何ですか.

≫≫IEC標準によって、安全装置を付く電池は下記のテストをしなければならないことになります.電池を20℃±5℃の環境で0.2IaA の定電流を0Vまで強制放電して、電流を1.0IaAまで上げて20℃±5℃の環境で60分を放置します.放置の間及び放電終わりの後、電池は破裂もしくは爆発しないはずです.でも、液漏りと変形の現象は宜しいです.

23. トリクル充電とは何ですか

≫≫トリクル充電とは満充電の後、電池の自放電なので、損失される容量をメイクアップすると言う意味です.一般的にパルス電流充電でこの目的を達成致します.

24. 充電効率とは何ですか.

≫≫充電効率とは電池は充電中、消費される電気を貯蔵できる化学エネルギーに変換するパワーです.充電効率は電池工芸及び環境温度に影響されています.環境温度が高ければ、充電パワーは低くなります




バッテリの FAQ
電池について
バッテリニュース
電池の歴史
電池用語集
バッテリの FAQ
 
EEMBにフォローする:

著作権所有 © 2015 Eemb.com
EEMB - Battery Manufacturer Worldwide Tech Support